新人からママさんまで 
キャリアアップしやすい環境です。
ホーム > 当院について
圏子の就活マンガ

 

職員寮のご案内

 

看護師専用ハウツーサイト「ナースハッピーライフ」で、圏央所沢病院のSCUでの働き方が掲載されました

社会医療法人 至仁会 看護部へようこそ

当院はSCU(脳卒中ケアユニット)を中心とした「脳卒中センター」があり、24時間切れ間のない脳神経外科治療を提供するよう心がけています。
「脳血管内治療室」を新設され従来からの開頭手術に加えて、「切らないで直す脳神経外科」を実践しております。
社会医療法人至仁会は救急医療から慢性期へと幅広く地域の皆様のニーズにお応えするよう日々努力し、「患者様の立場に立った看護」の提供を目指しています。
看護部の理念であります『安全で安楽な看護を提供する』を実践するためには、看護師一人ひとりの能力開発が必要です。
患者様の一番身近な存在として感じていただけるように、また安心して利用して頂けるように患者様とご家族の気持ちをしっかりと受け止めるように心がけています。
お一人おひとりの気持ちを受け止め、出会いの瞬間を大切に健康への支援・看護を心がけております。安心と安全を基に、温かな心と笑顔で常に患者様の身近な存在として、信頼される看護を目指しています。
地域の皆様に愛され選ばれる病院、また、働く職員の満足度が高い病院で、笑顔のいっぱい広がる病院として成長していきたいと思っております。常に、おもてなしの心を忘れず思いやりのある、人間として・社会人として・組織人としてあるべき姿を意識し行動できる自立型の職員を育成していきたいと思います。
お母さん看護師が多いので、小さいお子さんがいらっしゃる方に対しては、産休・育休、院内保育所はもちろんのこと、各部署のスタッフが協力する体制など、仕事をしながら育児ができる環境を整えています。

看護部長小菅 順子

看護教育について

目的

看護職員一人ひとりが看護の専門的知識、
技術を習得し、より良い看護実践ができるよう人間性豊かな人材の開発、育成を図る

目標

個人の能力を開発し、自立して自己啓発できる看護師を育成する
対象別教育研修を企画し、効果的に実践する
ラダーに準じたキャリアアップのためのプログラムを提供し、リーダーシップのとれる看護師を育成する
組織の一員として自覚の確立と協調性を養い、組織のモラルアップを図る

活動内容

ラダーに準じた研修目標プログラムの作成と運用方法の検討
医師による院内講習会の企画運営
プリセプターフォローと次年度プリセプターの育成
新入職員研修および中途職員研修の企画

新人教育

現任教育
教育責任者+所属責任者+教育担当者+サブ担当者

(院内)

継続教育
   ・年間教育
   ・クリニカルラダーとのリンク
看護研究

目標管理
副部長・課長・師長

(院外)

看護研究
学会
認定

中途採用者
オリエンテーションの企画…実施者→所属管理者/委員会等 経験年数や科目を考慮する

教育体制…委員会
医療安全対策…委員会
院内感染防止対策…委員会
看護記録…委員会
電子カルテ…医療情報課

他、チェックリストに準ずる
看護助手研修
看護助手研修…企画…実施者→所属管理者/委員会等
レベルに合わせ 
段階的に能力を開発します。

クリティカルラダーのマトリックス

臨床能力段階
レベルⅠ レベルⅡ レベルⅢ レベルⅣ
新人 一人前 中堅 達人
看護実践能力 所属する看護職場の基本的な看護実践(基本的な看護技術、看護過程の展開など)ができる。
看護技術チェックリストの黒字はすべてクリアする。
所属する看護職場で、日常的に必要とされる看護実践は、ほぼ単独で実践できる。
看護技術チェックリストの赤字はすべてクリアする。
所属する看護職場で、高度な看護実践を行い、さらにモデル的な看護実践の教示をすることができる。 論理的知識と実践的知識を活用し、全人的であり且つ分析的看護を効率的に実践することができる。
組織的役割遂行能力 責任の最も軽い、難易度の最も低い、軽微な組織の役割を果たす。看護チームでは、フリーやメンバーの役割、所属する看護職場では簡単なルーチンの係の役割を遂行できる。 所属する職場で、日常的な組織的役割が遂行できる。看護チームでは、業務リーダーやチームリーダーの補佐としての役割、病棟での係としては、創造的(発想と予測)能力を要求される係の役割を遂行できる。 所属する職場で、特殊なまたは専門的な役割、看護チームの中でチームリーダーの役割を遂行でき、または指導的な役割(学生指導、業務改善係、教育委員会、安全委員会)を遂行できる。 所属を超え、看護部や施設全体、地域社会から求められる役割、成果の問われる責任の重い役割を遂行できる。
自己教育研究能力 自己の教育課題を指導によって発見することができる。 自己の教育的課題達成に向けた教育活動を展開することができる。

■プリセプター
■新人研修講義
■看護研究補佐
自己の教育活動に積極的に取り組むと共に、教育活動について指導的な役割を実践することができる。

■看護研究
■院内学術大会発表
■感染、安全管理者研修
■臨床指導者
単独で専門領域や高度な看護技術等についての自己教育活動を展開することができる。

■認定看護師
■看護管理者研修
■看護協会(第4支部)