当院について
ホーム > 当院について > 宗教上の理由による輸血拒否に対する当院の方針

宗教上の理由による輸血拒否に対する当院の方針

当院では宗教上の理由による輸血拒否に対しては以下のように対応いたしますので何卒ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

  • 輸血をおこなうことによって救命できると判断した場合は輸血に同意されなくても輸血をおこないます。
  • 「エホバの証人」の方が提出される輸血に関する書類には署名いたしません。
  • 当院の方針を十分に説明させていただいてもご同意いただけない場合は他院での診療をお勧めします。

以上の方針は患者さんの年齢、意識状態如何にかかわらず適用させていただきます。

社会医療法人 至人会
圏央所沢病院 病院長